menu

続、甘い匂いの「イチゴ」を収穫! そらぐみ5歳児

畑の入り口から一番よく見える場所に植えてある「イチゴ」を見つけると、「ワァー、すごい。」「イチゴがいっぱいあるよ。」「真っ赤だね。」と口々に言いながら取り始めました。入れ物(ボール)を渡すと「いっぱい取ろうよ。」と張り切って友だちに声をかけていました。「ここにあったよ。」「見て、大きいイチゴがあったよ。」と収穫作業も慣れて見る間に入れ物いっぱいになりました。「いっぱいとれたよ。」「おいしそうだね。」と大満足でした。こども園に大切に持ち帰り、他のクラスの友だちにも見せてあげました。「すごい。」「イチゴがいっぱい。」「いい匂いがするよ。」「おいしそう。」と感想が聞かれました。

IMG_2420

雨が降り、エンドウのさやは一段と大きくなっていました。「中に豆ができているね。」「もう少し大きくなったらいいね。」とエンドウのさやのある場所を探していました。「エンドウの花は何色かな?」の問いに「紫色だ。」「ピンク色もあるよ。」「白色のもあるね。」「ちょっと水色もあるよ。」と子供たちの背丈まで成長しているエンドウをしっかりと観察していました。

畑の中の一番背の高い野菜を見つけると、「これは何かな?」「アスパラかな?」「そうだよ。アスパラガスだ。」とすぐに当てることができました。「こども園でアスパラご飯をたべたことあるね。」「これと同じものを食べるんよね。」と自分たちの中でイメージを共有したようです。

 

IMG_2432
IMG_6905

前日、少しですがそらぐみが畑で収穫したアスパラガスを、にじぐみ(3歳児)がクッキングに使いました。「キャベツとアスパラガスのみそ炒め」の食材の一つとして小さくカットし他の食材と一緒に加えてもらいました。みそ味が野菜に程よくしみて、みんなおいしく食べました。「畑でとれたアスパラも入っているね。」「全部食べたよ。」と喜んで食べていました。アスパラガスも次々と大きく育っています。食材に加えることにより、子供たちは野菜に関して一段と関心を深めることと思います。

全回見たより、一段と大きくなっている玉ねぎを見て「すごいよ。こんなに大きくなっているよ。」「こっちのほうが大きいよ。」と玉ねぎを見つけては友だちに知らせていました。葉は青々と伸び根元の真っ白い玉ねぎはツヤツヤしてとてもおいしそうです。「もう少し、大きくなったら抜こうね。」「大きい玉ねぎを抜きたいな。」と楽しみにしている子どもたちです。畑の野菜も大きく成長し、いろいろな変化に子どもたちは、発見や驚きを感じ、野菜の成長を通じて、収穫の満足感と食べてみたい気持ちが高まっています。

IMG_2430

関連記事

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る