menu

切り干し大根作り・・そらぐみ(5歳児)

IMG_9084
IMG_9091

大根もだんだん干し上がり、その様子を日々見ていた子どもたちは、「大きかった大根が小さくなったね。」「色も白ではなく変わったよ。」「カラカラになって軽いね。」「お日さまに当たっていたからこんなになるんだね。」「お日さまってすごいね。」と大根の変化に驚きと納得した感想がたくさん聞かれました。また、クッキングをする前日、「畑の人参も大きくなったので一緒に入れてはどうかな?」との提案に、「それがいいよ。」と人参を抜きに行きました。大根の時は違い、簡単に人参は抜けました。給食室の先生に「クッキングに使うのできれいに洗ってください。」とお願いしました。

IMG_9094
IMG_6366

給食室の先生がきれいに洗ってくれた人参の皮むきをし、小さく切りました。お店で買った人参より、細くて皮がむぎにくいようでしたが太い部分を手で押さえてうまくピーラを使いむいでいました。今まで経験したことが自然と身についているようです。次は、切り干し大根の番です。「外で干したから、ゴミがついているかもしれないよ。」と言うと「洗ったらいいね。」「きれいに洗おう。」とすぐさま洗いに行きました。「このまま鍋に入れて煮てもいいかな?」との問いに、「堅いかもしれないよ。」「ゆでたらいいんじゃあないかな?」と意見が出ました。そこで切り干し大根が「乾物」と言うことを思い出し、乾物は「水」で柔らかく戻したら良いことに気がつき、ボールに大根と水を入れました。

 

 

IMG_9095
IMG_9102

おいしい大根の煮物を作るには、調味料と「あげ」が必要です。あげは油であげているので手が滑りやすく、扱いも慎重にしていました。しっかりと押さえ、ゆっくりと包丁を動かします。人参のような堅さのある物と、柔らかいあげのような物を切るとき、子どもたちは自分で食材の持ち方や包丁の動かし方などを工夫している様子が見られます。「柔らかいけどゆっくり切ったらうまく切れたよ。」「最近は柔らかい物もうまく切れるようになったね。」と声をかけると、とてもうれしそうに褒められたことに満足げな顔の子どもたちです。切り干し大根も柔らかくなり、いよいよ鍋で煮る準備です。まず「煮干し」を見せると「だしを取る煮干しだ。」「いりことも言うよ。」「だしのさかなだね。」と口々に教えてくれました。煮干しを鍋で煮るとおいしい匂いがしてきます。「いい匂いがするよ。」「おいしそうな匂いがするね。」と感じ取っていました。手順としては油で大根を炒め、だしと調味料を入れ煮込みます。「炒めるときはいい音がするね。」「だしを入れたらぐつぐつして大根が動いているよ。」と興味津々の子どもたちです。「これは何の調味料かな?」とカップを見せると「砂糖!」「白くないね。」との声に「体にいい三温糖という砂糖だよ。」と教えると「そうなんだ。」とうなずいていました。醤油は見るとすぐ「醤油だ!」と声をそろえて答えていました。大根が煮えるにつれ、いい匂いがクラスに一杯です。「早く食べたいな。」「おいしそうな匂いがするね。」と食事の時間が待ち遠しい子どもたちです。

 

 

 

IMG_9105
IMG_9109

できあがった切り干し大根の煮物は、にじぐみ(3歳児)の友だちにおすそ分けしました。「クッキングで作った「切り干し大根の煮物」です。食べてください。」としっかり伝えました。にじぐみさんは食事を始めたばかりでしたが、そらぐみさんのほうをしっかり見て「ありがとうございます。」と言ってくれました。永井先生が「いい匂いがしていたね。みんなにもおいしいから持ってきてくれました。良かったね。おいしくいただきましょう。」と話すと早速切り干し大根の煮物の方へ箸が伸びていました。「どうですか?」の問いに「おいしい!」「おいしいよ。」との声があちこちから聞かれました。「おいしすぎてほっぺが落ちないようにほっぺを持って食べてね。」というと本当にほっぺに手をあてて「おいしいよ。」とニコニコ顔の子どももいました。かわいいにじぐみさんが喜んでくれて良かったです。

IMG_6388
IMG_9111

ほしぐみ(4歳児)さんにも「切り干し大根の煮物」を食べてもらおうと部屋に持って行きました。ほしぐみさんは食事の用意をしていました。いい匂いのする物が来たのでみんなとても笑顔でそらぐみさんの言葉をまっています。「クッキングで作った切り干し大根です。食べてください。」と言うと、ほしぐみさんは「やったー!」「うれしい。」と声には出さず心で笑顔で表現していましたが、そらぐみさんにはしっかりと「ありがとうございます。」とお礼を言いました。おすそ分けなので少しづつ、みんなのお皿に入れてもらい挨拶をして食べました。「いい匂いがしていたね。」「おいしいからもう食べたよ。」と感想が聞かれました。ほしぐみの中には、自分たちもそらぐみになったら「切り干し大根作り」をするんだ・・と思った子どももいたようです。そらぐみに憧れているほしぐみの子どもにとって、とてもうれしい素敵なプレゼントとなりました。

 

IMG_6395
IMG_9120

最後に、そらぐみが食事をしました。就学前と言うこともあり食事の時間は他のクラスより少し遅くしています。いい匂いがしたり、他のクラスの友だちが「おいしいよ。」「もう食べてしまったよ。」と言うのを聞いてるので、本当はすぐにでも食べたかったようですが少し我慢をしながらおすそ分けをした後、自分たちもゆっくりと味わっておいしく食べました。「おいしいね。」「いいお味。」「もうなくなったよ。」「私は最後に食べるから取っているよ。」と楽しみながらの食事の時間となりました。

「切り干し大根作り」を通して、畑の大根が子どもたちの手で切り干し大根になり、クッキング活動で他のクラスの子どもたちに食べてもらい、「おいしかったよ。」「ありがとう。」の笑顔や言葉をもらい、大満足の子どもたちでした。「切り干し大根づくりからクッキングまで」、子どもたちがいろんな事を学びながら成長した姿が本当に多くの場面で見られました。

IMG_0374
IMG_0384
IMG_0412

給食室より・・・

子ども園の畑で立派な大根と、大きなネギができました。1月15日のおやつには、「やさいスープ」の中に大根を入れておいしく食べました。大きなネギは、2月10日の「けんちん汁」に入れると「甘いね。」「柔らかい。」「おいしいね。」と言いながら残す子どもはいないくらい完食しました。他の具材や調味料と一緒になりおいしい味となったようです。2月19日の「味噌汁」に入れたり、2月26日のおやつの「にゅうめん」にも入れる予定です。子どもたちが喜んで食べてくれる食事、「おいしかったよ。」の声が聞かれる食事作りをこれからも頑張ります。  写真は「けんちん汁」

 

関連記事

ピックアップ記事

2019.6.21

じゃがいも祭り  ~芋掘り編~

園で大切に大切に育てていた『じゃがいも』 ほしダイヤ・ほしハート(4歳児)がじゃがいも掘りをしました。 ねらい  〇じゃがいもの掘り…

おすすめ記事

お知らせ

ページ上部へ戻る