menu

にじぐみ3歳児 はさみの練習をしたよ!

にじぐみになって1ヶ月がたち、子どもたちも少しずつ新しい環境に慣れてきました。

様々なあそびを通して手先も器用になってきたので、

細長く切った広告紙で、はさみの1回切りの練習をしてみました。

子どもたちに、「はさみって何をするものかな?」と聞いてみると、

「切るもの!」「紙も切れるよ!」と、様々な声が聞こえてきました。

 

 

自分のはさみを持って来て大喜びの子どもたちでしたが、保育者が

はさみの危険や使い方を伝えると、真剣な表情で聞いていました。

保育者と一緒に、約束事の確認をしていると、

「こっちを持ったら手が切れちゃうんだよね!」

「絶対お友だちの方には向けないよね!」

など、子どもたちから声が聞こえてきました。

 

 

まずは、保育者が広告紙をはさみで切る様子を見てから、

実際に子どもたちもはさみを使って広告紙を切ってみました。

自分の指を切らないように少しずつ手をずらしながら、

反対の手ではさみを動かすという

左右の手が違う動きを同時にするということが難しそうでした。

 

 

IMG_0705

繰り返し行うことで、コツをつかんできたようで、

最初は保育者が手を添えながら切っていかしたが、

「1人でやってみる!」と、挑戦するようになってきました。

IMG_0700
IMG_0699

少人数で行うことで、どの子も集中して取り組んでいました。

切り終えると「ふう~」と大きく息を吐いて

緊張がほぐれたのか、安心している姿が見られました。

「次ははさみを使って何か作ってみようね!」と伝えると、

「やった~!」「早く作りたい!」と、楽しみにしていました。

関連記事

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る