menu

えんどう豆の収穫をしました。 大津野こども園

ほしぐみ(4歳児)の子どもたちは、スナツプえんどう豆の収穫をとても楽しみにしていました。それは、自分たちのクッキングに使うからです。はさみを持って真剣に、ひとさやづつ収穫しました。

今回は、スナツプえんどう豆と絹さやえんどう豆の違いと収穫の方法を知りました。

DSC06880
DSC06878

クッキングでは、スナップえんどう豆のすじ取りをしました。「難しいね。」「うまく取れないよ。」「ゆっくり引っ張ったらいいよ。」「ほんと、取れたね。」など友だち同士でアドバイスをしていました。どの子も、慎重に指先を動かしていました。すじがうまく取れたときは「やったー!」と満面の笑みがこぼれました。新鮮なスナップえんどう豆は、塩ゆですると「おいしい!」「シャキシャキ音がするよ。」と喜んで食べました。

豆が苦手な子も、収穫やクッキングを通して「食べてみよう。」と言う気持ちが芽生えていました。

DSC07149
DSC07153

にじぐみ(3歳児)は、えんどう豆の収穫は、初めてなので畑から絹さやえんどう豆とスッップえんどう豆を持ち帰り、2種類の違いをみんなで見つけました。花の色の違いには気づきましたが、2種類のえんどう豆の違いは難しかったようです。「お家が膨らんでいるよ。」(スナップえんどう豆)「お家がぺったんこだね。」(絹さやえんどう豆)・・とさやの違いをみんなで発見しました。

DSC07194

今回は、えんどう豆の収穫が初めてなので、へたの部分を「帽子」に見立て、「帽子を取らないように優しく茎を取ろうね。」と説明しながら、手でちぎりました。子どもたちは、頑張って茎を取っていました。「できたよ。」「取れたよ!」と見せてくれました。その時、「カァー!」とカラスの声がしました。「カラスも見てるよ。」と思わず空を見上げてみんな笑いました。

初めて、えんどう豆の収穫を体験しました。

IMG_1472
DSC06906
DSC06912
IMG_1474

そらぐみ(5歳児、ラッキー、ハッピー)は、いろんな野菜の収穫の経験はあります。    以前、畑でまだ小さいえんどう豆を見ていたので、自分の背丈より高くなっているえんどう豆を見て、「すごい。」「大きくなっているね。」と、驚いていました。「見て、一杯なっているよ。」「早く取りたいな。」と収穫したい気持ちが高まっていました。えんどう豆の取り方の説明を聞き、はさみを使って、次々と収穫しました。へたの先を切る時は慎重にえんどう豆を見ながら切っていました。目の前にそそり立つえんどう豆の木に、少し圧倒されながら、それでも次から次へと収穫をしていきました。「見て、こんなに大きいえんどうがあったよ。」「本当!すごいね。」「ここにも一杯あるよ。」・・と言いながら摘みました。集中して摘んでいる後ろ姿の子どもたちもとてもかわいいですね。

収穫したえんどう豆は、給食の先生たちに美味しく調理してもらい、子ども園の子どもたち全員でいただきました。「おいしかったね。ごちそうさまでした。」

子どもたちが小さいときに触ったり、匂ったり、味わったりする実体験が、心に残っていくことでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

2022.10.24

11月のアップル予定表

アップルクラブへようこそ♪ 楽しいおもちゃがいっぱいあるよ!遊びに来てね☆先生たちが待ってるよ♪(^^) 〈アップルクラブについて〉…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る