menu

ボールがいっぱい!

体を動かしてあそぶことが大好きなつきぐみ(2歳児)さん。

おひさまルームでは、広々とボールあそびを楽しんでいます!

大きなビーチボールや小さなカラーボール、よく跳ねるボールなど、たくさんのボールを用意しました。

子どもたちは好きなボールを自分で手に取ってあそんでいます!

<ねらい>

・転がす、両手で投げる、蹴る、追いかける、キャッチするなど、全身を使ってあそぶ。

・転がる、跳ねるなどのボールの動きを知る。

・友だちや保育者とやりとりをするなかで、順番や譲り合い、社会性、コミュニケーション力を育てる。

2

ビーチボールは、たくさんの絵柄があり子どもたちも大喜びです!

「スイカがいい!」「キラキラ!」などと、子どもたちが手に取るきっかけは様々ですね。

3

自分の好きなボールを手に取ると、転がしてみたり、両手で「ぽーん!」と高く飛ばしてみたり、遠くに投げてあそんでいます。

何度も遠くに投げるうちに、両手で投げるだけでなく、片手で投げることができるようになってきました!

4

不規則に跳ねるボールを追いかけるのが楽しくて、投げては追いかけ、また投げて、と何度も繰り返す子どもたちです!

「先生、いくよ!」と話しながら保育者に向かってボールを投げ、キャッチボールを楽しもうとする姿も増えてきました。

また、保育者がゆっくりと山なりにボールを投げると、両手でキャッチできることもあり、大きなボールを両手いっぱいに抱きしめて嬉しそうです!

5

ミニトンネルを使った玉入れにも夢中になっています。

ボールがうまく入ると、「やったー!」と大喜びです!

6

入らなかった時には、転がったボールを追いかけて手に取り、「もう一回!」と前向きに何度も挑戦しています。

7

たくさんのカラーボールに囲まれるボールプールも大人気です!

ボールの海を泳いだり、「あか!」「きいろ!」と色を見つけては、友だちと見せ合ったりして喜んでいます。

最近は、好きな色のボールを2つ持ち、頭にくっつけて「ミッキー!」と、かわいい笑顔を見せてくれます!

8

「こっちがいい!」と、友だちと同じボールを欲しがることもありますが、「いーち、にーい、さーん、、、」と10まで数えてかわってもらうなど、順番があることが少しずつわかるようになってきました。

ボールあそびを通して、体の発達だけでなく、友だちや保育者とのかかわりを広げていけるように取り組んでいます。

関連記事

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る