menu

一輪車、乗れるようになりたい!

そらぐみ(5歳児クラス)になったら取り組む一輪車は、毎年子どもたちの憧れです。今年度そらぐみになった子どもたちも、そらぐみになったその日から、一輪車の練習を始めることを楽しみにしていました。ほとんど毎日、お昼寝をしない日は午後からも練習に取り組んでいます。

IMG_0983

<ねらい>

☆バランス感覚や体幹、足腰を鍛える。

☆難しいことに対して挑戦しようとする心をもち、粘り強さや忍耐強さを身につける。

☆長期的な目標に向かって意欲的に取り組み、やり遂げることで達成感を味わう。

 

この1か月間、次のようなステップで練習を進めてきました。

 

①一輪車の運び方、乗り方を知る。

②サークルにつかまり、サドルにまたがった状態で背中を伸ばしバランスをとる。

IMG_5022

③そこから、ペダルを少し踏んだり戻したりして前後に揺れてみる。

④サークルにつかまり、サークルに沿って前進しペダルをこぐことに慣れる。

IMG_0961
IMG_0964

⑤サークルからサークルへ、手を放して3回ほどペダルをこぎ移動する。

IMG_0976
IMG_0975
IMG_0981

⑥サークルから手を放し、ペダルをどんどんこいで進めるところまで進む。

IMG_1012

一輪車は今まで経験してきた運動とは違い、できるようになるまでに相当な練習が必要になります。はじめはワクワクしながら練習をしていた子どもたちも、なかなか想像していたようには乗れないことに気づき、「まだ練習するの?」「もう疲れた。」とくじけそうになる姿が見られました。長期的な目標に向かって努力するのは、子どもたちにとってなかなか経験があることではなく、忍耐と粘り強さが必要になります。

 

そんな時思い出したのが、去年のそらぐみさんに教えてもらったこと。

「“何回もこけた人が、上手になる”って言ってたよ!」。

 

その言葉を胸に、再び練習に前向きになった子どもたち。何度転んでもすぐに起き上って、くり返し練習しています。最近は個々に練習の成果も出てきて、次のステップへと進んでいる子が多いです。今日はここまで進めるようになりたい!と、それぞれに目標をもって練習をがんばっています。

IMG_1019
IMG_1025

関連記事

ページ上部へ戻る