menu

小学一年生を招いてそらぐみ(5歳児)と交流をしたよ!

卒園児の小学一年生を園に招いて毎年そらぐみ(5歳児)と交流をしています。

「一年生との交流会」の様子を紹介します。

卒園した一年生に会えるので、私たち職員もそらぐみの子どもたちも楽しみにしていました。はじめは少し恥ずかしそうにしながら挨拶をしてくれますが、違う小学校へ行った友だちに久しぶりに会ったりして、緊張もほぐれ笑顔で小学校の話をたくさん聞かせてくれ、一年前に戻ったような気持ちになり、とても懐かしく嬉しい気持ちになりました。

ねらいとして

〇様々な活動を通して、異年齢で一緒に楽しい一時を過ごす。

〇小学生と触れ合うことで、一年生に親しみを持ち、就学への期待を高める。

そらぐみ23人・一年生30人で2部屋に分かれて交流しました。

まずは、自己紹介。名前と行く小学校や行っている小学校の名前を言いました。

一緒の小学校の人がいると、ほっとしますよね。同じ小学校の子がいることで安心した子もいました。

同じ小学校に行く子がいなくても小学校のことを聞くことで心構えができるので「どこの小学校も

同じかどうか確かめてみようね。よく聞いてね。」と子どもたちに話をしました。

 

次は、質問タイム!

そらぐみが、聞いてみたいこと・心配に思っていること・こんな時はどうしたらいいのかなと思っていることを質問しました。一年生は、先輩としてていねいに一つ一つの質問に答えてくれました。

また、一年生からどうしても教えてあげたいことも話してくれました。

※質問の内容は、次回のブログにのせます。

DSC09089
DSC09090DSC09091

次は、お楽しみのゲーム♡

「友だち集めゲーム」「チーム対抗輪ゴム運び」「伝言ゲーム」を楽しみました。一年生がリードして応援したり、手を貸したりする場面もあり頼もしさも感じました。

伝言ゲームは、「大津野こども園は、楽しいな。」が「大津野こども園楽しいよ。」と惜しい・・・。みんな悔しがる場面もありましたが、ゲーム中は、笑顔いっぱいで交流が出来て大盛りあがりでした^^

ゲーム中、「お腹すいた。」との声を聞かれ、「そろそろ給食の準備をしようか?」と言うと、「やったー!」と楽しみにしていたことが伝わってきました。準備をしていると、一年生が「机を出すのを手伝うよ。」「机を拭こうか?タオルある?」と進んで手伝いをしてくれて、感激しました

給食が届くまでに「みんなに絵本を読んであげたい!」と一人の男の子が・・・。そらぐみの子に数名が絵本の読み聞かせをしてくれました。「すごい上手によんでたよ。」「私もあんな風に読めるようになる。」と、お互い嬉しそうな光景も見られました。

IMG_5774

給食が運ばれてくると、「おいしそぉ。」「たくさんあるね。食べられるかな?」と言いつつも、あっという間に食べ終わり、おもちゃで遊んだり、話に花を咲かせていたりすると、お迎えの時間になってしまいました。「来てくれてありがとう。」と言うと「こちらこそありがとう。」と言ってもらい本当に嬉しかったです。少しの間でしたが、楽しく過ごすことができました。

DSC09113DSC09110

DSC09111

今回の交流会で、そらぐみの子どもたちは、心配だったことも教えてもらって、安心したり、方法を知ったりするいい機会になり、就学への期待や意欲が強まっているといいなと思います。

卒園まであと少し・・・

楽しく充実した日々を過ごしていきたいです。

関連記事

ページ上部へ戻る