menu

給食先生、畑の野菜でおいしいお料理を作ってね。

畑には、今が盛りと夏野菜が大きく育っています。「畑の野菜を見に行くよ。」の声に「大きくなっているかな?」と期待しながらにじぐみさん(3歳児)が出かけました。しばらくして、大きく膨らんだ袋を大切に持ち帰りました。子どもたちは、収穫した野菜をかごに入れて「給食先生、いっぱい取れたよ。」「「キュウリもあったよ。」「トマトは僕がとったよ。」「ピーマンもあったよ。」「これはなすだよ。」と口々に伝えながら渡しました。給食先生から「いっぱい取れたね。有り難う!良く持って帰ってくれたね。」のことばに「おいしくしてください。」とみんなでお願いしました。給食先生に、直接野菜を手渡すことにより、「たのしみだね。」とより期待が大きく膨らみます。調理室は衛生面もあり、中に入ることは出来ませんが、調理事務室で野菜など手渡すことは少しドキドキしても子どもたちにとってとてもうれしい事のようです。

DSC06682
DSC06673

収穫した野菜は事務室の前にしばらく展示します。他の子どもたちも取り立ての野菜を見て「トマトがあるよ。」「大きなキュウリだね。」「おばあちゃん家にもキュウリがなってるよ。」と話が弾みます。給食室では、調理職員が役割分担をし、スムーズに調理が出来るように連携、協力しています。当日届く野菜や果物を洗う、皮をむぐ、分量を量る(食材、調味料等)、材料を切る、調理、味付けをする(炒める、煮る、揚げる、焼く、あえる等)、クラス別に分量を量り、皿等に盛り付ける等・・・そして担当職員がワゴン車でクラスへ運びます。子どもたちは毎日、出来たてのおいしい給食を食べています。食材に、作ってくれた給食先生たちへの感謝のことば、「心をこめて感謝していただきます。」の挨拶が今日も子どもたちから聞かれました。

DSC06695
DSC06700

こども園のカレーは、たくさんの野菜が入っています。畑で収穫した「ピーマン」「なす」も入れました。(畑で収穫したジャガイモ、玉ねぎも献立により使います。)カレーの匂いがすると、「カレーだ。」「お腹がすいたね。」「早く食べたいな。」と大好きなカレーを待ちかねています。「甘くておいしいね。」「カレー、大好き!」といつもより食べるペースが早かった子どもたちです。こども園では、給食のレシピはいつでも差し上げています。展示を見られたり、子どもたちが「おいしかったよ。」と言った献立はぜひ一度作って見てください。また、献立について質問がありましたらいつでもお聞きください。

 

関連記事

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る