menu

しゃぼん玉、飛んだ~!にじぐみレッド(3歳児)

にじぐみ(3歳児)での生活にも少しずつ慣れてきました。新しい仲間と共に毎日楽しい日々を過ごしています。

先日、戸外で遊んでいると3歳未満児の園庭からしゃぼん玉が飛んできました。それを見たにじぐみレッドの子どもたちは、「しゃぼん玉だ~!」「私もやりたい!」と保育者に教えてくれたり、「まてまて~。」「つかまえた!」と追いかけて楽しんだりと興味津々の様子でした。そこで、天気の良い日にしゃぼん玉遊びをしました。

IMG_9547

☆しゃぼん玉遊びのねらい☆
 
 ・友だちと一緒にしゃぼん玉を作り、友だちの飛ばしたしゃぼん玉に興味をもつ
 ・自分の感じたことを保育者や友だちに伝えようとする
 ・光や風を感じながら、遊ぶことを楽しむ

IMG_9536
IMG_9534

早くしゃぼん玉がしたくてウズウズしている子どもたちは、真剣な顔で約束事、吸わない(液を飲まない)、容器をまっすぐ持つということを聞いていました。保育者が見本をみせると、「うわ~きれい!」や「キラキラしているー!」と大興奮の様子でした。

IMG_9586
IMG_9543
IMG_9551

すぐにたくさんしゃぼん玉を膨らます子もいれば、中々しゃぼん玉ができなくて苦戦する子もいます。「できないよ。どうしたらいいの?」と保育者に質問する子には、どうすればよいのか一緒に考えてみました。

「どんな風に吹いているか見せて。」と実際にしてもらうと力加減が難しいようでした。「力を抜いて、そーっと吹いてごらん。」と伝えると、小さなしゃぼん玉が一つでき、子ども自身も「すごい!」と驚いた表情を見せてくれました。

IMG_9563
IMG_9562

何度も繰り返し吹いているうちに、「みてみて!できたよ!」とコツをつかみ上手に膨らませることができるようになりました。

IMG_9572
IMG_9560

友だちと向かい合ってしてみたり「せーの!」の掛け声とともに一斉に吹いてみたりと自分たちで考えながら楽しんでいました。

IMG_9592
IMG_9553

「しゃぼん玉、空にいったよ。」と上を向くと、光があたり「水色のしゃぼん玉!」「キラキラしてる!」「黄色のしゃぼん玉もあるよ!」と子どもたちの中で発見がたくさんありました。2階のテラスだったので、下の園庭にいたゆめぐみ(0歳児)の子どもたちを見つけ、「今、しゃぼん玉しているんだよ。見ててね。」と吹いてあげる子どもたちです。

IMG_9597
IMG_9593

しゃぼん玉液がだんだん少なくなってくると「まだできるかな?」「まだ少し入ってるよ。」と液を混ぜながら、友だちと確認し合っている子どもたちです。「手がべとべとする!」「混ぜると泡ができた!」としゃぼん玉以外の新たな発見もありました。

IMG_9606

 

しゃぼん玉を吹くだけでなく、友だちに吹いてもらい「つかまえるぞ。まてまてー!」と追いかける子や「プリンセスみたい!」とうれしそうにしゃぼん玉の中でくるくると回ってみる子もいて、自由にしゃぼん玉遊びを楽しんでいます♪

自分で作ったしゃぼん玉を追いかけ、1度にたくさん出るしゃぼん玉に目をキラキラさせていました。しゃぼん玉の大きさや色に気付き、保育者に伝えてくれました。これからも、いろいろな遊びを経験していく中で、たくさんの発見をしたり、気づいたことを言葉にしていってほしいと思います。

子どもたちの小さな気づきにも耳を傾け、子どもたちの思いに共感していきたいです。

 

IMG_9550

関連記事

ピックアップ記事

2019.6.21

じゃがいも祭り ~いただきまぁーす♪~

待ちにまったじゃがいもを食べる日☆ 「いつ食べる?」「早く食べたい!」と朝からそわそわしてました。 ねらい 〇収穫したものを喜んで食…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る