menu

芋煮会・アウトドアクッキング

寒くなり、温かい鍋料理や具だくさんのお汁が食べたくなります。

にこにこ原っぱにかまどを二つ用意して今日の給食のお汁を作りました

かまどに薪などを燃やして、いりこをたくさん入れた水を沸かしました

DSC07657

いりこのだしをとり、保育所の畑でとれた「大根、人参」そして「里芋や牛蒡」を入れました。

そらぐみ、ほしぐみ、にじぐみはどんなふうに外で料理をしているか、見に来てクイズに

答えていました。「お芋を入れるけどどんな芋だと思う?」「さつまいも!」「じゃがいも!」

「今回は違うよ。他にはない?」・・「里芋!」「正解!」

「昔は、電気やガスがないから、山から薪を取に行って、こうやって料理していたんだよ。」

かまどに薪を入れて燃えているところを見ました。「熱いね。」「煙たいね。」

「全部煮えたら、調味料を入れるよ。何味だと思う?」「味噌!」という声が多く、「醤油」も

少しいました。「食べる時までのお楽しみだよ。美味しく食べようね。」と話をしました。

DSC07664

鶏肉も入れて、煮込んで次にコンニャクや油揚げ、豆腐、ネギを最後に入れました。

「何種類の具材が入ったかな?」みんなで数を勘定していました。

DSC07676

にこにこ原っぱで食べる予定でしたが、風や強く、少し寒い気候だったのでほしぐみとそらぐみは

おひさまルームに座って一緒に食べました。他のクラスは各部屋で同じものを食べました。ゆめと

はなは、コンニャクは、小さく切ってあったのですが、喉に詰めやすいのでなしにしました。

三色そぼろもあり、お腹いっぱいになった子どもたちでした。味付けは何だったか、聞いてみてくださいね

DSC07669

関連記事

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る