メニュー

私たちの思い

子どもとの関わりについて

 子ども一人ひとりの思いをくみ取りながら、子どもたちが楽しい一日が送れるように接してあげたいと思います。集団生活の中で必要なルールは身に付けていかねばならないけれど、大人の都合だけで子どもたちをコントロールしていくのではなく、子どもが考える力をつけてルールが身につくようにしていきたいと思います。集団生活の中では、精神的にストレスをどの子も(大人も社会で)感じます。

特に子どもにとっては、はじめて親から離れての集団生活です。少しでもリラックスでき、子どもたち自身が主体となって過ごせるように職員は常に対応を考えて実行しています。どの子も皆、愛されたい、受け入れてほしいと思っています。

園長  藤井資恵

 

基本理念

基本理念

家庭的な環境

SONY DSCこれから学校や社会へ旅立つ前の人格形成の基礎ができるところです。人生を幸せに過ごすことのできる人格形成をするためにもアットホームで安心して過ごせる場所であってほしいと願っています。遊びの環境、食事やおやつなど、園における様々な取組で多くの「手造り」の暖かさを提供してあげたいと思っています。

豊かな保育生活

IMG_1587幼児期は感受性が多感な時期で一人ひとり個性が違います。
毎日、今日できる遊びや活動を楽しみに登所してくれるように、多くの遊具や遊びを用意しています。
また、サッカー教室や剣道、スイミング、生け花、クッキング、畑の活動などいろんな経験がたくさんできて、将来を健康に過ごせたり、知識技能の獲得などに繋がることを願っています。好きな活動を増やして苦手と思うことからも少しずつ楽しさを見つけてほしいと思っています。

社会性を身につける

SONY DSC園での集団生活では、人と多くの関わり合いが経験できる場所です。
自分の意思を表現し伝えること、相手の思いをくみ取り、受け入れていくためのコミュニケーションが養われます。まずは職員が仲立ちして相手の思いを知り、対応をしてみせることにより、子どももしてみることから始まります。また集団活動には必ずルールがあり、順番があると言うことを知る時期です。危険を回避したり、気持ちよく過ごすためのマナーなどなんのためのルールであるかを知り、守る体験から、様々な社会性を育む時期となります。

ロゴマークについて

ピックアップ記事

2015.7.23

☆英語をしましょう☆

保護者の方に講師になっていただきみんなで英語を楽しみました。 ①Hello song(歌) 「hello~♪」歌に合わせて、右手左手を出…

おすすめ記事

アップルクラブ
2019.9.20
アップルクラブ 10月の予定
アップルクラブ 10月の予定   食欲の秋、読書の秋、スポ…
一時保育
採用情報
ページ上部へ戻る