保育コラム

  1. 2016.12.2

       楽しくあそんでいるよ♪ゆ...

    img_2330

食養プログラム

  1. 2016.11.28

       自分で作ると美味しいね!

    dsc01579

    にじぐみ(3歳児)の11月のクッキングでは子ども子どもの好きなナポリタンスパゲテ…

基本理念

家庭的な暖かい保育環境の中で一人ひとりの子どもたちが仲間と共に
豊かな保育所生活を送り、社会性を身につけ、健全な心身の発達を図る。

「子どもとの関わり方」について

子ども一人ひとりの思いをくみ取りながら、子どもたちが楽しい一日が送れるよう、接してあげたい。

集団生活の中で子どもたちの必要な躾けはしていかなければならないけど、
所長が権威をもって現場職員に保育を強いると
職員は必要以上に子どもたちに成果を求めてしまします。

保育現場の効率だけを考えれば大人の都合、
職員の都合でいくらでも子どもたちをコントロールしたくなります。
でも私が、子どもの立場だったらと思うと、
ただでさえ慣れない集団生活の中で
子どもたちの精神的なストレスは大人の想像以上です。

少しでも心がリラックスした集団生活がおくれ、
子どもたち自身が主体となって過ごせるようにと
職員の子どもへの対応を常に考えて実行しています。

子どもは皆、日々、愛されたい、
受け入れてほしいと思っているのではないでしょうか?

アップルクラブ
2016.11.25
〇アップルクラブ12月予定
 寒くなりました。体調に気を付けてくださいね。  しっかり体を動かして遊び、ご…
一時保育
採用情報
ページ上部へ戻る